向いている人・向かない人

向いている人・向かない人

カフェバイトは、接客業なので、明るくテキパキと対応できることが望ましいです。

 

お客様は、一人で読書しながらコーヒーを飲んだり、友達と会話を楽しんだりとリラックスした楽しい時間を過ごしたいと思っています。ですから、お客様の気持ちをほっこりさせるような応対が出来る人は向いているでしょう。隣に座って長話をするような深い接客は無いので、人見知りだったり、会話が得意ではない方でも、楽しくアルバイトができます。

 

逆に向かない人ですが、就業規則のファッションに自分が合わせられない方です。

 

若い頃は、ファッションを楽しみたいものです。でも、飲食物を提供するカフェでアルバイトをすると、ネイルアートを楽しむことはできません。爪は、いつも短く切って清潔感のある服装をしなくてはなりません。

 

髪の毛は、長ければ、結ばなくてはなりません。「結ぶのは、跡がつくから嫌!」などとは言えません。ピアスは、NGなお店もあれば、大きすぎないものならOKというところもあるでしょうから、事前に調べてから応募するのも手ですね。

 

カフェで働くのは、連携作業が多いです。誰かが注文を取り、誰かが作り、誰かが運びます。ですから、協調性も必要です。時間にルーズだと、一緒のシフトの人にとても迷惑をかけますから、よほど体調が悪くない限りはきちんとアルバイトに入れる方が望ましいです。