面接の服装と志望動機

面接の服装と志望動機

カフェバイトの面接の服装ですが、スーツで行く必要はありません。
清潔感のある、少しカッチリ目の普段着で良いと思います。

 

カフェのアルバイトは、制服がありますから、私服のセンスは問われません。

 

でも、「うちのお店で真面目に働いてくれるのか、清潔感はあるのか」は見られていると思います。カフェは飲食店ですから、清潔感は大切です。あまり、派手なファッションや奇抜なヘアスタイルは不採用の理由になる可能性もあります。

 

逆に、代官山等のおしゃれな街のカフェの場合、派手なことが有利な場合もあります。アルバイト募集広告に「茶髪OK!ピアスOK!」等と記載しているところは、チェーン店のカフェとは求めている人材が異なります。

 

お店に、お客さんとして行き、店員さんがどんなヘアスタイルでどんな髪色で女性ならどんなメイクをしているか等をチェックしましょう。お店の求めている人材像が分かれば、おのずとどんな服装やメイクで行けばいいのか分かります。

 

アルバイトの志望動機は、正社員の面接とは違うので、難しく考えなくても良いです。

 

例えば、大学生なら、「私は、○○(カフェの名前)が好きでよく利用しています。
大好きなコーヒーを提供するアルバイトをしたかったから応募しました」
等でも良いでしょう。

 

「自宅から近いので通いやすいと思いました」等の理由は、ありきたりだと思われますが、悪くはありません。でも、倍率が高いお店なら、自分がどうしてもこの店で働きたいという理由を言ったり、熱意を伝えたほうが有利でしょう。

 

逆にNGなのは、後ろ向きと捉えられるような理由です。

 

「他にやりたいアルバイトがあったんですが、どうしても採用してもらえなくて来ました」等、後ろ向きなことを言うのはイメージが悪いです。明るくて清潔感のある印象を与えれば、カフェバイトの面接はうまくいくでしょう。